無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

12話
ころん
ころん
ななにぃ!さとにぃ呼んでくるね
ななもり
ななもり
ごめ………ウッ…
ころんがさとにぃを呼んで来てくれる



さとにぃごめんなさい


ジェルくんごめんね



ジェルくん苦しいのに



お兄ちゃん甘えちゃって
さとみ
さとみ
なーくん?
ななもり
ななもり
はぁはぁ………さと……ニッ…ウプッ
喋るだけで苦しい


俺はまた倒れてしまった


さとにぃは俺のお腹を摩ってくれる


そして右手で


救急車を呼んでいた


あーあ


また迷惑だ


みんな学校行く時間なのに
さとみ
さとみ
なーくん?お腹痛いのだけ?
ななもり
ななもり
は……くッ…
さとみ
さとみ
おっけー、喋らなくていいからな
苦しい


痛い


この言葉しか頭にない


この言葉が永遠に鳴り響いている



このまま


眠れたらどんなに楽だろう
さとみ
さとみ
なーくん、一回吐こ?
ななもり
ななもり
でも……でな……コプッ
さとみ
さとみ
大丈夫大丈夫
1回体起こすよ
俺はまた体を起こして



便器の中に顔を突っ込む


次の瞬間


さとにぃが俺のお腹を押した


お腹が痛いのに


押されたら余計に苦しくなる


でもそのおかげで


ちゃんと吐けた


出てきたには胃液と血


苦しい


頭がクラクラする
さとみ
さとみ
なーくん水飲もっか
ななもり
ななもり
ゴクッッ
ななもり
ななもり
ウッ………おえッ…ゴホッゴホッ……ヴ…ゲホゲホ
飲んだものをまた全部吐き出してしまった


なんでこんなに苦しいの?


誰か


助けて



さとにぃ
救急隊員
救急隊員
到着しました
救急隊員
救急隊員
ずく運びますね
さとみ
さとみ
よろしくお願いします
ジェル
ジェル
うわぁぁぁあぁあ
ななもり
ななもり
ビクッ
ころん
ころん
ジェルくん!!なんでぇぇえ、
ころんとジェルくんがないていた


何かパニクってしまったんだ


さっき吐いたせいか


おなが痛いのは少し楽になった


吐き気も楽になった


俺はころんのもとへ行くと


強く抱き締めた



ここでさとにぃだけに任せるのはダメだ