無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

俺の家の家系
스비니
스비니
俺の家の家系について知りたいって言ってる人がいたからおしえるね!
스비니
스비니
俺とサヨンはまあ、血のつながってない兄弟で
스비니
스비니
俺の母さんが死んで、父さんだけじゃ俺を育てられなかったらしくて
스비니
스비니
それで俺は父さんの親友の人の家で過ごすことになった
스비니
스비니
まだ物心ついてないときだったからさっぱり覚えてないけど
스비니
스비니
そんときはまだサヨン産まれてなくて、サヨンの姉、まあ、俺と同い年
스비니
스비니
の、ジアと一緒にいた
스비니
스비니
サヨンが生まれて物心がついたとき、
스비니
스비니
俺らの親は仕事に戻った、
스비니
스비니
それから、俺らの親は朝は6時半には仕事に行って、夜は11時に帰ってくる
스비니
스비니
だから、家事は分担してやってきた、
스비니
스비니
そしたらある日仕事の都合で日本に行くことになった
스비니
스비니
いつかは家(韓国)に戻るって言われた
스비니
스비니
だから、日本に行って今は日本で暮らしてる、
스비니
스비니
でも、サヨンはあんまり親と話せないし、
스비니
스비니
小さい頃から何でも一人で頑張ろうとして、
스비니
스비니
誰か困ってる子いたら自分はどうでもいいって投げ出す子だった
스비니
스비니
それで、サヨンは夜一人で泣くようになった、
스비니
스비니
サヨンは気づかれないようにしてるんだろうけど
스비니
스비니
俺は知ってて、でも、どうすることもできない
스비니
스비니
って感じ、よくわかんないよね
스비니
스비니
これが俺の家の家系