無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

暗い話になりますそういうの聞きたくないって方は、Uターンお願いします。










 
私がもしいなくなる、
いなくなりたい、って言ったらどうしますか、

私は私がわかりません

家庭関係にも疲れてきました。
アッパはいつ怒るかわからないから気をつけなきゃいけないし、
そんなことしてると嘘つく他になく嘘をついてしまい
オンマに怒られ、
自分の言葉にせきにんもちなさいといわれる

どうして、こんな家庭なんだろう、


オンニもオッパもいないときに限って怒られる
怒られたとき、小さい頃にアッパに殴られたのを思い出す。
怖くて怖くて仕方がなくて偽る
でも、その偽りがオンマの怒りに変わる

ならどうすることが正解ですか、

私にはもうわからない、

もしオンマ、見てるのならこれだけはいっておく、
偽りたくて偽ってるんじゃない、
偽らないとアッパから見を守ることができない、
それだけは知っておいて、 


そして、私の気持ちわかるとかいわないでほしい、
私が、どれだけ今まで我慢しようとして偽って自分を隠してきたのに、
私は今の家庭関係嫌い

どんどん崩れてく


いっそのこと私も一緒に崩れてしまえばいいのに


長文と、暗い話をしてすみません。