無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

256
2021/04/14

第8話

お昼ごろ
ななもり。
じゃあ行くよ?
全員
うん!
さとみ
武器かまえとけ!
ななもり。
OK!?行くよ!
ザッザッザッザッザ

端にフェンスがあったが登れそうだったから登った。
ななもり。
逃げれた…?
るぅと
そうみたいですね…
さとみ
なんかあっさりすぎる…
ジェル
逆に怖いな…
ころん
でも出れてよかった!
莉犬
怖かったぁ…
で、
全員
ここはどこ!?
ななもり。
まずは人がいるところに行こう
さとみ
どこにいるんだろ…
ジェル
気配すらないけど…
るぅと
とりあえずこの坂下ってみましょ?
ななもり。
そうだね!
道を下っていった。どうやらこの施設は山の上にあったようだ。どうしてこんなところにいたのだろう。そして何の施設だったのだろう。
ななもり。
あ!あれって!
さとみ
家!?
ジェル
人おるんとちゃう!?
ころん
やったぁ!!
るぅと
よかった…
莉犬
助かるの…?
希望を抱きながら家のある場所へ向かった。そこは住宅街っぽく、いくつか家があった。とりあえず1番近くにあった家のインターホンを押した。
ピンポーン
???
はーい!
ジェル
人やぁ!!
ころん
やったぁ!!
ガチャ
???
どちら様でしょうか?
ななもり。
ちょっと道に迷ってしまって…ここってどこですk…
???
え?
ななもり。
え?母さん?
もり母
やっぱり!?ななもり。!?
ななもり。
うん!俺!じゃあここ千葉?
もり母
そうよ?メンバーも一緒に…旅行?
ななもり。
いや…まぁ色々あってw
もり母
そうなの…?まぁいいわ!せっかくだし上がって行きなさいよ!
ななもり。
みんな大丈夫?
全員
うん!
ななもり。
じゃあお言葉に甘えて
もり母
はーい!どうぞ〜
全員
おじゃましま〜す!
もり母
今日たまたま買い出し行ったから料理ご馳走できるわよ!
全員
え!?
るぅと
僕お腹空きました…
ころん
僕も!
ななもり。
多分みんな空いてるでしょ?
全員
うん
ななもり。
じゃあ食べてく!
もり母
はーい!待っててね〜
全員
ありがとうございます!
さとみ
なーくんの実家ってここだったんだ〜
ななもり。
...それがさ...多分引っ越したんだと思うんだけど俺がいた時とは違うんだよね...
ジェル
え?おかしくね?普通引越したんなら言うやろ
るぅと
確かにそうですよね…
ころん
ちょっと怖いね…
莉犬
さっきの所のせいで信じられなくなった…
ななもり。
まぁ様子見てみよ?母さんは母さんだし…
さとみ
そうだね…
しばらくして
もり母
ご飯できたわよ〜!今日はカレーよ!ちょっと具は少なめかもだけどw
全員
ありがとうございます!いただきます!
パクっもぐもぐ...?

なんだか変な味がした気がしたが一瞬で消えた。なんとも思わずお腹がいっぱいになるまで食べた。
全員
ごちそうさまでした!
もり母
いっぱい食べてくれて嬉しいわwもう少しゆっくりして行ったら?
ななもり。
疲れてるし…そうするか!
全員
はい!
もり母
ふふwソファーとか好きに使っていいからね〜
全員
ありがとうございます!
さとみ
友達の親がいる家に行くの何年ぶりだろw
ジェル
確かにw
るぅと
…なんか眠くないですか?
ころん
わかる…なんか頭ふわふわする…
ななもり。
少し寝とけば?帰るとき起こすし
莉犬
俺もねむ〜い
るぅと
寝ときます…
全員
おやすみ〜
ななもり。
なんか俺も眠くなってきた…
ジェル
俺も〜
さとみ
マジかw俺もw
ななもり。
じゃあ母さんに起こしてもらおw
ななもり。
母さん!1時間くらいしたら起こして〜!
もり母
わかったわ!
さとみ
おやすみ〜
ジェル
はよねーや
ななもり。
おやすみww
そして、すとぷりメンバーは深い眠りについた。