無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
あなたside
位置情報もらって その場所に着いたんだけど、、、、



どこかわからん。



え⁇これって勝手に入っていいの????え???
 




『え、これどうすればいいの?』


「あの~ 人違いだったらごめんなさい、 もしかして、」
『え?、、、、、 えっ????!!!!!』
「龍我のお姉さんですか???」
『え、あ、あ、 浮所、、くん、、?』
飛「え!!!???僕のこと知ってくれてるの??!! 嬉しい!!!!」



まって 今日命日かも。



龍「あ!!!!お姉ちゃん!!!!」
『あ、龍我、』
龍「ちょっと浮所離れて!!!!僕のお姉ちゃん!」
飛「えぇ、いいじゃん!!ね!今から楽屋来ない?」
『あ~ 、、  龍我がいいって言ったら~、』
龍「それいいね!!!!みんなに紹介しよ!!!!」
飛「そうと決まったら!早く行こ!!」
『あ、うん、笑』




え 待って 超楽しみ、笑笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

塩  ぱ  ん  ま  ん
塩 ぱ ん ま ん
user/b2883a+ ・ 感 想 の コ メ ン ト く だ さ い 😢 ・
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る