第7話

エレベーター前
410
2021/06/12 03:45
扉に埋め込まれていた装置にカードを差し込むと、ブーブーブーという重低音とともに扉が開く。
奥に進んでいくと、そこにはやはりエレベーターがあった。
レイは、上へあがる「🔺」のボタンを押して、駆け込むようにエレベーターに乗り込んだ。
そして一階へ向かおうと、エレベーターの操作ボタンに触れようとした時、今いる階を示すように、B7という表示が光っているのに気づいた。
レイチェル
💭B7…?おかしい…。私がいたのは、こんな地下じゃなかった…
レイチェル
💭それにB6へ行くボタンしか無い。さっきエレベーターを開ける時に押したボタンも、「🔻」はなかったような気がする…
その時、だった、コーンコーンコーンと、まるで教会の鐘のような音が鳴り、
___最下層の彼女は、生贄になりました。

___みなさま、各フロアにてご準備を。

___ここから先はプレイエリア。ゲートが開かれます。
抑揚のない機械音のような、女の声がエレベーターの中に響き渡った。

プリ小説オーディオドラマ