無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13話
(なまえ)
あなた
……ん
目が覚めると赤いベッドの上に居た。

レースがついた可愛らしいベッド。

しかしシーツなどが酷く裂かれている。
(なまえ)
あなた
え…どこ…こっ‼︎
立ちあがろうとすると横腹に痛みが走る。

さっき誰かに腹を何かで貫かれたことを思い出した。
(なまえ)
あなた
(痛いっ…出血多量で死んじゃう…助けて)
木製のドアを見つけなんとか床を這いでドアノブに捕まる。

しかし鍵が閉まっていて開かない。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
…あなたちゃん!
(なまえ)
あなた
‼︎…
(なまえ)
あなた
フランちゃんがやったの?
フランちゃんの手が真っ赤に染まっていた。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
フランね〜あなたの過去知ってる。
…いきなりなにを?
(なまえ)
あなた
過去?
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
あなたがこの世界に来るまでの過去。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
冷たくなった猫を…
(なまえ)
あなた
やめて。
みるくの姿が脳裏に焼き付いて離れない。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
お姉様から聞いたの。

フランと同じような過去を持つ人が

この世界…幻想郷へやって来る。
(なまえ)
あなた
(たしかレミリアは未来が分かるんだっけ)
私はそっと部屋を見渡してみる。



…ボロボロの部屋。
必要最低限の家具。
辺りには手足が破れたお人形。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
私は元々この世界に生まれたんだけど…
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
…酷い扱いを受けた。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
この世界が食糧不足に陥った時。

私たちはお腹がすいて限界で…。
フランちゃんがニコリと笑った。

その歯は赤黒い何か。
(なまえ)
あなた
!…
フランちゃんは洋服タンスの引き出しを開けた。

私は引き出しを覗き込んだことを後悔した。
(なまえ)
あなた
ぅ…(酷い異臭…やばい…呼吸が…)
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
吸血鬼だって…食事はする。

けどみんなは気持ち悪がって…。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
…羨ましい。
ふとフランちゃんの声が震えた。
(なまえ)
あなた
…。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
《周りに必要とされてる》あなたが羨ましい。
…必要?
(なまえ)
あなた
…私が?
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
お姉様から教えてもらったけどあなた…
(なまえ)
あなた
私は…何もできないよ。
レミリア・スカーレット
レミリア・スカーレット
…フラン。
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
‼︎…お姉様。
レミリア・スカーレット
レミリア・スカーレット
…話があるわ。
レミリアは力尽くで扉を開けた。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
大丈夫?あなた。
十六夜 咲夜
十六夜 咲夜
手当てするからいらっしゃい。
レミリアとフランを見送ると

私は力強くみんなに支えられた。
霧雨 魔理沙
霧雨 魔理沙
酷い出血だ。

人間さまなら急いで手当てしないとな。
依神 紫苑
依神 紫苑
ここには…居ない方がいいかな。
依神 紫苑
依神 紫苑
魔理沙の家で手当てしよう。
十六夜 咲夜
十六夜 咲夜
手当てのセット持っていきますね。










…そういえばフランちゃんが何か最後言ってた気が…
フランドール・スカーレット
フランドール・スカーレット
お姉様から教えてもらったけどあなた…
…レミリアは何を知ってるんだろう。

…また聞いてみようかな。