無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第23話

23話
博麗 霊夢
博麗 霊夢
さて〜今日はどこに行こうかしらね~
日光が優しく差し込む早朝。

掃除用のほうきを片手に霊夢は呟いた。
(なまえ)
あなた
幻想郷っていろんな場所ありますよね。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
まぁそうね…案外広いから。
すると何か思い出したくかのように

ポンと手を叩いた霊夢。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
今日はあそこに行きましょう!

空飛ぶから捕まってよね。
(なまえ)
あなた
へ…うわぁぁぁぁぁ!
やっぱり何度飛んでも全然慣れないよこの感覚…。

自分で飛べる日なんて一生来ない気がする。
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
みょんみょん♪

ん…誰だみょん?
変な擬音を発しながら剣を払う小柄な少女。

私たちを見ると剣を払っていた手を止めた。
博麗 霊夢
博麗 霊夢
おはよう妖夢。

新しい新入りが来たわよ。
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
なんと?

みょんに弟子入りの依頼が来たんだみょん?
博麗 霊夢
博麗 霊夢
新入りって幻想入り者のことね。
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
そうなのかみょん…。
(なまえ)
あなた
えっと…
1人迷子になっていると後ろから肩を叩かれる。

振り向くと綺麗な着物の女性が立っていた。
西行寺 幽々子
西行寺 幽々子
妖夢〜?

お客さんを放っておくのはお勧めしないわ?
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
そ…そうだったみょん!
西行寺 幽々子
西行寺 幽々子
私は幽々子ゆゆこよ〜よろしくね〜♪
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
魂魄こんぱく妖夢ようむだみょん♪
着いた先は綺麗なお寺のような雰囲気の場所。

大きな桜が日に照らされてとても綺麗…。
(なまえ)
あなた
(刀とか人魂とかさらにこの場の雰囲気を…)
よく2人に目線を向けると

2人の周りにはフヨフヨと白い塊が宙を待っている。
(なまえ)
あなた
お化け…
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
お化けじゃないですよ。

私の大切な友達です。
確か誰かが

この世界にはいろんな人種がいるって言ってたし

お化けと一緒にいる人だっているよね…うん。
(なまえ)
あなた
仲良いの?
魂魄 妖夢
魂魄 妖夢
大切な友…離れるみょん‼︎
突如耳を裂く金属音に襲われる。
鬼人 正邪
鬼人 正邪
おいっす〜
(なまえ)
あなた
誰…?
鬼人 正邪
鬼人 正邪
ん〜俺のこと知りたいか?
鬼人 正邪
鬼人 正邪
俺は〜今回の異変の重要人物‼︎
全員 「は?」