無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

運動会終わったお☆
バカ(星那)
バカ(星那)
運動会、でしたね
バカ(星那)
バカ(星那)
私の学年は6クラスあるんですけど
バカ(星那)
バカ(星那)
私のクラスは優勝しました
バカ(星那)
バカ(星那)
まぁ、なんというか...
って感じです
バカ(星那)
バカ(星那)
それで、種目の中にクラスリレーがあるんですけど
バカ(星那)
バカ(星那)
私のクラスの子が転んじゃったんですね
バカ(星那)
バカ(星那)
それで、はちまきが落ちたんです
バカ(星那)
バカ(星那)
ルールとしてははちまきを落としたら失格なんですけど
バカ(星那)
バカ(星那)
今回は転んで、意図的ではないという理由で失格にならず、私のクラスが1位だったんですよ
バカ(星那)
バカ(星那)
そしたら、他のクラスの人から
「それはずるい」 とか、
「何で失格じゃないんだ」
とか
バカ(星那)
バカ(星那)
言われたんですね
バカ(星那)
バカ(星那)
でも、正直どうでもいいと思うんですね
バカ(星那)
バカ(星那)
ここからは私が運動会の意味?てきなのを言おうと思うんですけど
バカ(星那)
バカ(星那)
一応私、運動会嫌いな方なので
そこを理解して見てみてください
バカ(星那)
バカ(星那)
長文になってしまうかもですが
バカ(星那)
バカ(星那)
私は運動会はただの勝ち負けではなくて、
クラスでの絆を深めるためにあると思うんですね。
なので、正直はちまきが落ちたのに失格じゃないとか興味がありませんし、
転んだ子が可哀想じゃないですか

それに、勝っただろうが負けただろうが
みんなと協力した団結力が失ってしまうわけでもないし
目的に優勝するというレッテルを貼って
みんながそのためにクラス一丸となって
団結して、絆が深まって
バカ(星那)
バカ(星那)
それで新しいクラスでこれからみんなで仲良くいられるように

そんな感じなんじゃないかな
と私は思います
バカ(星那)
バカ(星那)
語彙力がなくて、結局何が言いたいのかが分からなくなっているんですけども
バカ(星那)
バカ(星那)
要するに、
運動会は勝ち負けが本題ではなく、
クラスでの絆を深めるためにあるのではないかな
みたいな感じです
バカ(星那)
バカ(星那)
そりゃあ、最初にはちまき落としたら失格だって言われたのに
転んだからそれはなしです
なんて言われたら
は?ってなるのも分かりますよ
バカ(星那)
バカ(星那)
でも、ね〜
バカ(星那)
バカ(星那)
なんか、何が言いたかったのか分からなくなったので
バカ(星那)
バカ(星那)
締めます
バカ(星那)
バカ(星那)
急すぎww
バカ(星那)
バカ(星那)
では、おつ星那〜!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

星那꙳★*゚
星那꙳★*゚
よろしくお願いします! フォロー返します! フォロバ目的NGでお願いします! 家族 兄 紅にぃ 姉 ゆきねぇ 姉 ピピピ 妹 めろんちゃん 妹 らる 妹 あやちゃん 妹 haruちゃん 🍡❤みたもちだんごふぁんくらぶ会員35号 🐈雪夜ファンクラブ🌃会員 まふらわーふぁんくらぶ🌸🌺No.10 🍁Maple cat club🐾No.12 彩芽のふぁんくらぶNo.8 歌い手さん好きです! 知識は浅はかかもしれませんが... 四六時中病んでる人です とにかく病んでます
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る