無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

24
2021/08/16

第2話

あなた
ねぇ佳枝。北斗くんとの結婚とか考えてないの?
佳枝
実はさ、、、
佳枝
北斗が全然結婚の話もしてこないし、プロポーズの雰囲気も出してこないからもうこっちからプロポーズしてやろうかと思ってて
あなた
え!!
佳枝
ほら、向こうはアイドルだしさ?公言しているとはいえ必ずしも応援されてるわけじゃないから、言い出しづらいのかなって。
確かに普通の人と付き合うより気にすることも多いし、慎重に動かなきゃいけないところはあるけど、そんなことどうでもよくなるくらい北斗のこと好きなのにな
あなた
うわぁ。さすがだね。私そんなところまで考えてなかった
佳枝
本当は私だってプロポーズされるの夢だったけどさ。今は夢より現実で北斗とちゃんと結婚して家族になりたい気持ちのほうが強いから。
佳枝
あなたもなぁなぁになって、だらだら付き合うことになる前に見切りつけなね。
私は子供も欲しいし、体はどんどん衰えていくからいつまでも待てるわけじゃないんだからね
あなた
確かにそうだね。。私も子供は欲しいし、ちゃんと話してみる