無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

"加藤シゲアキ"


ガチャ






あなたは家のドアを開ける






加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
おかえりー
高田〇〇
高田〇〇
えっ、シゲくん?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あなたに会いたかったから
来たんだけど迷惑だった?
高田〇〇
高田〇〇
全然!
私もシゲくんに会いたかった!
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
そうだったんだ
お仕事お疲れ様!
高田〇〇
高田〇〇
ありがとうー
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あっ、俺コーヒー入れてくるから
ゆっくりしてて
高田〇〇
高田〇〇
うん



シゲくんはキッチンに行く










数分後








加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あなた持ってきたよ
高田〇〇
高田〇〇
(。-.-。)...zzz
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
寝てる??



あなたの横に座る







加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
疲れたんだろうな、、



あなたの顔を優しく触り、そっとキスをする









ガタッ!!







高田〇〇
高田〇〇
(。゚ω゚) ハッ!
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
?!
高田〇〇
高田〇〇
シゲくん?!
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あっ、起きた
高田〇〇
高田〇〇
ごめん、私寝てた笑笑
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
いいよ !
あなたの寝顔見れたし
可愛かったよ
高田〇〇
高田〇〇
見てたの?!
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
うん
高田〇〇
高田〇〇
恥ずかし/////
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あくびをする)
高田〇〇
高田〇〇
眠いの?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
うん、眠くなってきた
高田〇〇
高田〇〇
いいよ、寝て
私も眠いから寝る
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
分かった


そう言ってあなたの肩に頭を乗せる
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
おやすみ
高田〇〇
高田〇〇
おやすみ
♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*