前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
397
2022/08/05 06:44
私が貴方を知ったのは、ヘドロにまみれていたあの瞬間


クリーム色の髪

赤く光るルビーのような目

血の似合う身体

怯える瞳

全てに目を奪われた






だから私は




























貴方を愛すことにしました








あなた
あなたの名字 あなたの下の名前
個人情報:不明

ヴィランネーム:No.51ナンバーファイブ・ワン


No.51の身元 個性 諸共謎に包まれたままである

プリ小説オーディオドラマ