無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第62話

sixty これって?!
……………


……………


よし。


一旦状況を整理しよう!


まず私がコケた


多分ここでるぅとくんは支えようとしてくれた


だけどちょっと遅かった


だからるぅとくんは私が怪我をしないように抱きしめてくれた………?


で,なう。


傍から見れば,私が床ドンをしてるぅとくんが私を抱きしめてるように見えるねうん。


るぅと
あのー………
あなた

ひゃいッ!?!?

るぅと
と,とりあえず退いて貰っていいですか?
あなた

あ,あーごめんね!!

あなた

あ,わあああああああああぁぁぁ!ご,ごごごごごめんね?!

あなた

服濡れてる!

るぅと
わ。
あなた

大丈夫?!寒くない?!?!あ,お風呂入る?!

るぅと
いやまず落ち着いてください
るぅと
それから今日はもう帰らせてもらいます
あなた

あッそう?

るぅと
じゃ,また学校で
あなた

あうん!ばいばい

ガチャッ……バタンッ

































































数十分後……
あなた

あなた

なんか忘れ物してるじゃん

あなた

なんか………機械かな?

あなた

……………るぅとくんこれ大事なんじゃない?!?!ガタッッ

ガチャッバタンッ

あなた

タッタッタッ…

えーっと確かこっちだよね?


ポツッ


ポツッ


ザァァァァァァァァ!!!

あなた

ぅわ

また今度の方がいいかなぁ……


でも,早めに届けた方がいいよね
あなた

急げぇぇぇぇぇぇえ!

ピンポーン


ガチャッ
るぅと
はぁーい……わっ
るぅと
どうしたんですか
あなた

機材……はぁッ………忘れてたよッ

るぅと
だ,だからってこんな雨の中傘もささずに……
あなた

大丈夫!鞄に入れてるから濡れてないと思う!

るぅと
いやそうじゃなくて………あ。
あなた

ん?

るぅと
なんもないです……///
るぅと
とりあえず上がってください
あなた

えなんで?

るぅと
良いから。グイッ
バタンッ……
るぅと
ココア飲みますか?
あなた

あ良いの?

るぅと
あ今のうちにこれ使って拭いててください
るぅと
あとココアどうぞコトッ
あなた

ありがとうー

あなた

クシュンッ

るぅと
あ~………お風呂入りますか?
あなた

えでも………

るぅと
風邪ひかれたら困りますんで
あなた

じゃあ………お言葉に甘えて……?

―入浴後―
あなた

えと……お風呂とパーカーありがとッッ

るぅと
あそだ。雨止んできまし…………
あなた

ん?

るぅと
あ,あああああッッ……今日用事あるんでもう帰ってもらってもいいですか?
あなた

あうん分かった!またね!

―帰り道―


うーんなんか慌ててなぁ……


っあ。


パーカー着たまんま……


学校で返せばいっか!




root-side


や,やばかったぁ///


家来た時は雨でブラウスが透けて下着ちょっと見えてたし……///


あと僕のパーカーは大きくてダボッとしてたのと,脚………脚がッッ生脚だったんですよお!!


はぁ………もう本当に可愛かった……


ん?!可愛かった?!?!


こ,ここここここれって?!