無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

thirty-six 相談
ジェル
あなたちゃんおはよーさん
さとみ
あなたおはよー
ななもり
あなたちゃんおはよー
あなた

おはよー

ななもり
ねぇねぇあなたちゃんって何か部活に入ってる?
あなた

入ってないよ?

ななもり
じゃあさ、歌い手部入らない?
ジェル
ころんと、るぅとと、莉犬も入部するでー
あなた

へーえ

さとみ
前々から歌い手部を立ち上げようと思ってたんだけど…あと一人必要で……
あなた

そんで、歌い手と知って私を誘ったと

ななもり
そ、そうなんだ〜…アハハ

ガラガラッ←教室の扉
クラスメイト
あなたちゃんってあいすちゃんだったの?!
あなた

げっ……

クラスメイト
えっ?!そうなの?!
クラスメイト
私、ライブ行ったよ!あなたちゃんに似てた!!

YA・RA・KA・SI・TA☆



え、てか……

あなた

ライブ来てくれてたの?

クラスメイト
うん、行ったよー
クラスメイト
私も行った!!
クラスメイト
俺も!
あなた

ほんと?

あなた

ん゛ん゛っ!!

あいす
皆いつも応援ありがとう!
クラスメイト
oh......
クラスメイト
天使やんけ
クラスメイト
やばい好き








あなた

あーやっと休み時間だー!

あなた

皆しかもよく追っかけてくるなぁ〜…

ジェル
ほんまになー
あなた

びっっっっくりしたぁ…

さとみ
俺も居るよ
ななもり
俺もー!
あなた

お昼食べよーぜぃ

ころん
うぇーい
莉犬
うぇいうぇーいww
るぅと
ww
あなた

びっくりしたぁぁぁぁぁ

あなた

お前ら6人揃って趣味悪いな

ななもり
あ。今日先生に部活の事言ってくるから
あなた

スルー…(´;ω;`)

あなた

じゃあ私もついてく

ななもり
ん。放課後ね
あなた

へいへい

さとみ
(待って?!あなたからなーくんと一緒に行こうとしたってことは……?)

いや、勘違いすんな


なーくんの相談に乗ってあげよって思っただけなんだけど






―放課後―
先生
あぁいいぞ、俺が顧問な
ななもり
ありがとうございます!
先生
いやー7人揃って良かったなー
ななもり
はい笑なかなか歌い手部に入りたい人いませんでしたもんね笑








あなた

ねぇどしたの?今日なんかしんどそうだけど

ななもり
ん?全然元気だよ?
あなた

んー、そうじゃなくてね…昨日の夜とか今日の朝何かあったの?

ななもり
うっ…
あなた

話してごらん?あなた様が聞いてあげる((

ななもり
はいはい笑
ななもり
俺の家ね、凄く厳しいの
ななもり
勉強しろだの、習い事を増やすだの
あなた

うん…

ななもり
でもね、昨日…「まだあの歌い手とやらで、遊んでいるのか早く辞めてしまえ。来年は3年なんだぞ」
ななもり
って言われて…お母さんはすとぷりの事を馬鹿にしてきて……
あなた

うわ…

ななもり
でもね、俺歌い手は続けたいし大学も行かなきゃなの……でも親は歌い手を続ける甘い覚悟で大学に行かせないって…
あなた

ふーん…じゃあさ、なーくんが説得したらいいじゃん

ななもり
…??
あなた

なーくんのリスナーさんに対しての真剣な気持ちを聞いて貰って?

ななもり
そっ…か……そうだね!今日話してみる!
ななもり
あなたちゃんありがとう
あなた

おう礼には及ばん!

ななもり
wwまた明日ねー
あなた

ばいばーい