無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

twenty-seven 自分か他人か
先生
えぇ〜今日から転校生が来ている
恋田入ってくれ
萌恋(もえこ)
初めましてぇ♡恋田こいた 萌恋もえこですぅ♡
クラスメイト
(ぶりっ子か…)


わぁクラス一丸となって(?)思ってることが一致してるぜぃ


こらぁすんげぇぞ←

萌恋(もえこ)
(ぶりっ子って…こんな感じ…?)

え??なになにあなたちゃん怖い←
萌恋(もえこ)
(ぶりっ子演じてる自分キモすぎな())


え、演じてんの?!



え。凄ぉい←
(自分の方がぶりっ子かもしれん笑)



ふぅん…この氷の女王こと氷雨様が助けてあげようじゃないの!(もの凄いキャラ崩壊&何言ってるか分からない)

萌恋(もえこ)
(萌果もかは…私のこと家族だと思ってないんだよね……)


萌果……?


なんか…2人揃ったら萌え萌えうるさそうだな…←



キンコンカンコン



ガラガラッ
莉犬
あなた先輩〜!!
ころん
まじで莉犬待てよww
るぅと
姉さーん!
あなた

やっほぃ←

ジェル
なんか今日テンション高いなぁ
さとみ
それは思った
あなた

えまじ?

あなた

きゃぁ♡←

ななもり
あ…うん。
あなた

ちょえぇ?!wwなーくんんんんん!!

ころん
なーくんに裏切られてるww


なんだ…今日1日なんにも無さそうだな…


良かった良かった



―昼休み―
萌恋(もえこ)
あの…(あ。間違えたァァァァァ!)
萌恋(もえこ)
このあとぉ…屋上にぃ行ってみたいのでぇ案内してもらってもいいですかぁ?


なんか喋ってるなぁ…


てか冷蔵庫に何あったっけ…?


あ今日ハンバーグにしよっかn…
萌恋(もえこ)
人の話聞いてますかぁ?
あなた

あ私?

萌恋(もえこ)
はいぃそうですぅ
あなた

あおけおけ

萌恋(もえこ)
(…?何この人…ぶりっ子(演技)の人を前にして普通で居れるの?!)
萌恋(もえこ)
(まーじかっ☆)
あなた

はいはいこっちね〜

あなた

んじゃ。私はこれd…

萌恋(もえこ)
待ってくださぁい
(ごめんなさい氷雨さん…妹には……逆らえない…)
萌恋(もえこ)
シュッ
(やっぱり…痛くないな…リスカで慣れてるしな笑)


え?は??リスカ…?


この子…

萌恋(もえこ)
これ持ってくださぁい♡
(本当にごめんなさい…)


待って………待ってよ…


この流れって…


_あんた目障りなんだけど…_


痛い……殴らないで…


_〇〇ちゃんはもっと痛かったの分かる?_


辞めて……皆…私を信じてよ…


お願いだから…殴らないで……



と、とりあえず録音を…

あなた

血出てるよ?早く手当を…!

萌恋(もえこ)
いいから持って…!
(私は……最低だ……でも………もうあの痛みは味わいたくない…)


恋田さんはうっすらと瞳に涙を浮かべて私にカッターを持たせた


いや…私が“持った”の方が合ってるかな…


心の中で……もがき苦しんでいる彼女を…傷付けたくなくて…私はカッターを受け取ってしまった

萌恋(もえこ)
きゃぁぁぁぁ!
あなた

あ…



やっぱり……カッターキャーだよね…w


はぁ…また虐められるの…?


でも……きっと恋田さんが受けた仕打ちよりも私の方がマシ……大丈夫…私は恋田さんを救えたんだから…


そう言い聞かせようとしても、腕が震えてしまう


気を抜いたら足も震えて倒れてしまいそうだ…
クラスメイト
どうしたの?……え…?
??
氷雨さんがやったの??
萌恋(もえこ)
私ぃ…屋上に呼び出されてぇ…カッターで切られたんですぅ…
??
そ、それって本当なの?
萌恋(もえこ)
酷い!私を嘘つきだと思ってるのぉ…?
??
うっ…(よく見たらちょっと可愛い顔してるな…)
ななもり
なんかこっち騒がしいねー
ジェル
ちょっと見てみよー
さとみ
え…?


やばい……1番来て欲しくない人に来られてしまった……


やだ……またあんな思いをしたくない…


私を裏切らないでよ……信じてよ…

莉犬
あなた先輩…?
萌恋(もえこ)
(え……待って…あれってるぅとくんと…莉犬……?)
萌恋(もえこ)
(やばい……バレたら……)
ころん
あなた先輩がやったの…?
あなた

私…やってない……(小声)



もっとしっかりした声を出したいのに声が震えてしまう…

??
この状態見て誰がお前の事信じるかよ!


ははっ……そうだよね…


誰も………誰も…私を信じてくれない…

るぅと
本当に姉さんがやったの?
あなた

ち、がう……私じゃn…



本当に私がここで拒否をしていいの?


そうすると…恋田さんはどうなるの?…

萌恋(もえこ)
(萌果は…このイケメン達から氷雨さんを離したいんだよね……)
萌恋(もえこ)
(本当にごめんなさい……幸せを……日常を…奪ってしまって…)


そっか……私がこの人達から離れたら……恋田さんは解放されるの…?


でも……そうしたらまた私は…虐められるの…?


自分か……恋田さんか……どちらかを選ぶと…どちらかに不幸が訪れる…


そんなの……そんなの嫌だよ…

















はぁ…



























………決めた。