無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

fifty-for 皆の記憶を…

―記憶屋さんにて―



店員「えーっとつまり、こういう事ですね?」



店員は私のややこしい説明を分かりやすく紙に書いてくれた



すとぷり→あなたさんの記憶を消し、今までの思い出も全て消す

あいすくりーむ→すとぷりとの出来事を全て消す

すとぷりすなー→あいす、あいすくりーむとの出来事を全て消す

その他あなたさんを知っている人→あなたさんとの、思い出、記憶を消す

あなたさん→


店員「で、合っていますか?」

あなた

はい。


店員「あなたさんの記憶はどうされますか?」
あなた

私も、歌い手活動を辞めます。すとぷりとの思い出も消す。


店員「では、こうですね」

すとぷり→あなたさんの記憶を全て消し、今までの記憶も消す。尚、あいすの存在も消す。

あいすくりーむ→すとぷりとの出来事を全て消す。あいすの記憶も消す。

すとぷりすなー→あいす、あいすくりーむとの出来事を全て消す。尚、あいす、あいすくりーむの記憶も消す。

その他あなたさんの事を知っている人→あなたさんとの思い出、記憶を消す。

あなたさん→歌い手をやっていたこと、すとぷりとの思い出を消す。
あなた

……はい…


店員「この事を知っているのは、この世界で“私だけ”になります」


店員「そして、記憶を消すともう元には戻れません」

店員「それでも、本当によろしいですか?」
皆から見たら、逃げてるように見えるかな

いや、まず私の事すら記憶にないんだから違うか

あいすくりーむの皆には悪いことをしたな…

本当に歌い手は楽しかった

多分、人生で1番幸せだったな

そして、すとぷりとの思い出も消したくない。

でも……残していたら、きっとまた…辛くなっちゃうから……

すとぷりとの時間は凄く短かったけど、凄く凄く楽しかった
あなた

……はい…


店員「では、目を瞑ってください」
あなた

はい……











































店員「もう大丈夫ですよ」


店員「明日の朝には、この表の通りの記憶になっています」


店員「それと……この事は誰にも言ってはいけませんよ?」
あなた

わかっています

あなた

ありがとうございました