無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

twenty-two 文化祭 お昼の店番

ガラガラッ
クラスメイト
あ!あなたちゃん帰ってきた〜
あなた

お疲れ様〜

クラスメイト
はいはいこれに着替えてね〜
あなた

はぁーい

―着替えた―
クラスメイト
はいはい髪の毛巻くよ〜
あなた

え巻くの?!

クラスメイト
うんいい?
あなた

まぁいいけど…

クラスメイト
ちょっとお化粧もさせてね〜




クラスメイト
はい可愛い!!
クラスメイト
じゃあお昼頑張ってね〜
あなた

はぁーい

あなた

お帰りなさいませご主人様っ

あなた

2名様で宜しいですか?

??
は、はい…っ
(この人可愛いすぎるッ!)
あなた

2名様ご案内しまーす

クラスメイト
あなたちゃん3番様にこれ運んでくれる〜?
あなた

はーい

あなた

お待たせしました「くまの歌声広がるパフェ」です!

??
ありがとうございます







なんでこんなにいっぱいお客さんが来るの…


もう疲れた〜
あなた

お帰りなさいませご主人様っ

あなた

3名様で宜しいですか?

??
そうだよ〜
??
(このお姉ちゃん可愛いな…)
??
(スタイル良!!)
あなた

こちらへどうぞ









ん…?……待て待て待て…なんで腕掴んできてんの?…

??
なぁ…いいだろ?姉ちゃんノリ悪いよ〜?
あなた

辞めてください

??
は?何言ってんの?辞める訳ないでしょ?こーんな可愛い子ほっとく訳が無い
クラスメイト
(あなたちゃん?!なんか変なのに絡まれてる?!)
クラスメイト
(助けに行かないと!)
もぶりん助けて!
クラスメイト
もぶり〜ん2番様にこれ運んで〜

え……もぶりん……助けて(´;ω;`)
クラスメイト
あ…ごめんあなたちゃんを……
クラスメイト
でも、急いでるから早く持ってって!

わぁぁぁぁ!!


そうだね……忙しいもん……


誰か助けて…(´;ω;`)

クラスメイト
わ、わかった…
??
な〜姉ちゃん向こう行こうぜ?
あなた

い、嫌です……

??
あのさぁ、良いからこっちに来いって言ってんだよ!!
あなた

痛い……

??
あんたさ〜人の気持ち考えれないの?

誰……?
莉犬
本当かっこ悪いよ〜?


莉犬くん?!

??
んだよこのチビガキは引っ込んでろ
莉犬
はぁ?ていうかまずその汚い手で人の腕触るのを辞めた方がいいよ?
??
あぁ?汚い手だと?ガキにそんな事言う権利なんてねぇんだよ
莉犬
俺はあなたちゃんの彼氏なんで言う権利あるんですけど
??
彼氏持ちの女は要らねぇスタスタスタ
莉犬
ご、ごめんなさい!!
あなた

え……?

莉犬
勝手にちゃん付けしちゃって彼氏面までしちゃって……
あなた

いいよ…それより助けてくれてありがとう

莉犬
俺頑張ったんだよ?てかチビって言われてキレそうになったけど
あなた

wwでも莉犬くんちっちゃいよね

莉犬
あなた先輩まで!(あなた先輩にならチビって言われても何とも思わないや)
莉犬
まぁ俺様子見に来ただけだから皆の所に戻るね!
あなた

うん…本当にありがとう

莉犬
いえいえまたすぐ来るから!




あなた

お帰りなさいませご主人s…!………///

さとみ
可愛い〜
あなた

聞かなかった事に…///

ななもり
いやいや可愛いよ〜
ジェル
やっぱり似合ってんなぁ〜
あなた

ありがとう…///

莉犬
変な奴に絡まれなかった?
あなた

うん大丈夫

るぅと
なんかあったんですか?
あなた

何か変な奴に絡まれてた所を莉犬くんに助けてもらった

ころん
莉犬くんイッケメーン!
ころん
(その助けた人が僕だったらな…あなた先輩に感謝して貰えたかもしれない…)


んん??ころんくん??

るぅと
(凄い惚れてるね…)
あなた

(うん…)






あなた

お待たせしました

あなた

わんわんおむらいちゅのお客様

莉犬
はぁーい!
るぅと
ww


まぁそんなこんなでお昼は終わりました!!


あぁ…疲れた…


よっしゃ今度は子供組と回るぞ〜!!