無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🧸川島如恵留🧸
如恵留
如恵留
なんか今日おしゃれだね
あなた

え?そう?

如恵留
如恵留
どっか行く予定あったっけ?
あなた

あれ言ってなかったっけ?

如恵留
如恵留
え、何も聞いてないけど
あなた

友達とちょっとね

如恵留
如恵留
友達と?この時間に?
あなた

うん帰り遅くなるかもしれないから先に寝てて大丈夫だから!

如恵留
如恵留
ストップ。送って行く、どこまで行きたいの?
あなた

あ、いや、いいよ!如恵留君も忙しいでしょ大丈夫だから

如恵留
如恵留
ついて来て欲しくないってわけ?
あなた

いや、その…

如恵留
如恵留
男?男なんでしょ
あなた

はぁ、そんな過保護にしなくても

如恵留
如恵留
可愛いから…あなたは可愛いから心配なんだよ
そう言って私の肩に手を置いた。
重く強く握られた。
あなた

い、痛いよ如恵留君

如恵留
如恵留
行かないって言ってくれたら今すぐ離すよ
あなた

じゃあ如恵留君送って貰ってもいい?

如恵留
如恵留
え?
あなた

如恵留君が良かったらだけど一緒にご飯でもさ

如恵留
如恵留
もちろん、行く。
手を握りしめ笑顔で私の方を向いた
如恵留
如恵留
愛してるよ





束縛の強い彼からの重い愛は私のもの。