無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🧸松田元太🧸
元太
元太
ねえあなた〜
あなた

なに?

元太
元太
良い古着屋知らない?
あなた

なんで?いつもの場所じゃだめなの?

元太
元太
Kとかぶるんだよ
あなた

で、私の行きつけを教えてと

元太
元太
うん!そゆこと〜
あなた

やだよ、私だって元太とかぶりたくないもん

元太
元太
よく言うよ、俺の服借りときながら
あなた

いや、それは、ねえ?

元太
元太
今日だってそのTシャツ俺のだし
あなた

え?うそだこれ昨日私が買ってきたやつだよ?

元太
元太
え、俺もそれ持ってるよ?
あなた

え、元太この間良い所見つけたって言ってたよね

元太
元太
うん、そこで買った
あなた

もお、それだよ!私の行きつけ

元太
元太
えーーー初耳!
あなた

そりゃ言ってないもん初耳でしょ

元太
元太
めちゃくちゃ品揃え良くて最高なのに教えてくれないとかズルいぞ!まったく!
あなた

いや、教えたら絶対いつのまにかペアルックとかなってそうじゃんーー

元太
元太
俺ら趣味一緒だもんねぇ
あなた

なんでそんなに嬉しそうなわけー

元太
元太
次から一緒に行けるなーと思ってさ
あなた

もう

元太
元太
それに、ちょっとくらいペアルックあっても良いじゃん?
あなた

んーーまあ

元太
元太
ほら!じゃあ来週末行こう!決まり!
あなた

ちょっとちょっと、まったくテンポが早いなあ笑

元太
元太
今決めちゃわないと予定入っちゃ嫌じゃん?
あなた

そうだね、じゃあ来週末行こうね

元太
元太
うん!


テンポに飲み込まれがちだけど元太の

そーゆー所に救われてます。