無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🧸松倉海斗🧸
海斗
海斗
ちょっとぉおおお!
あなた

なになになになになに

海斗
海斗
俺のギターは!
あなた

あるでしょ、そこに

海斗
海斗
あ、本当だ。なんでここにあるんだよ
あなた

知らないよ!もう!びっくりしたなあ

海斗
海斗
良い歌詞思い浮かんだから早く音つけなきゃと思ってさぁ
あなた

はいはい

海斗
海斗
なんでそんな興味なさそうなんだよぉ
あなた

あるよ?だから聴かせて?

海斗
海斗
そんな洗濯物片しながら言わないでよ
あなた

ごめんごめん、これで良い?

海斗
海斗
まあ、良いけど
あなた

じゃあ聴かせてくれる?

歌い出した海斗はステージに立ってる時より気怠そうに

少し乱れた服のまま弾いてるのにいつもよりカッコ良く見えた
あなた

ねえ、海斗

海斗
海斗
おん?
あなた

なんかメイクしてる?

海斗
海斗
してないしてない
あなた

そっか

海斗
海斗
なんで?
あなた

ん、いやなんかさいつもよりカッコよく見えて

海斗
海斗
は?なにそれ、ちょっと照れんじゃん
あなた

や、やっぱり今の撤回撤回

海斗
海斗
え?なんでなんで!
あなた

いや、なんでもない

海斗
海斗
今日のあなたは素直の日だったって事かぁそうかそうか
あなた

もう!うるさいな、ほら続き書いて来てよ

海斗
海斗
いや、今日はここまでにする
あなた

え、でもライブまで時間が

海斗
海斗
いいの、今日はなんかずっと一緒に行動したい
あなた

じゃあ晩ご飯の準備手伝ってくれるって事か、悪くないな

海斗
海斗
いやいやいや、それは…まあいいけどさ
あなた

んふふふふ



不憫な松倉海斗は家ではかっこいいんです。