無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🧸中村海人🧸
海人
海人
あなた〜
あなた

ん?

海人
海人
髪乾かして
あなた

いいよ

海人
海人
あのさ
あなた

ん?

ドライヤーの音で消えるうみの声。
海人
海人
聞こえた?
あなた

ん?

そっとドライヤーを消して耳を傾けると
海人
海人
俺明日から洗濯やるよ
あなた

え?どうしたの急に

海人
海人
あと、風呂も洗うし、掃除機もかける
あなた

え、ありがたいんだけど急にどうして?

海人
海人
沢山家事ある中で俺が出来るものはできる範囲でこれからやっていくから
あなた

ありがとう

海人
海人
死ぬまで俺と住んで欲しい
あなた

……え

困惑した…だってこれ、いわゆるプロポーズ?
海人
海人
あなた?
あなた

え、それって、その私、中村になって良いってこと?

海人
海人
うん、なってくれる?
あなた

なるなるなるなるなるなるなるなるなる!!!

思い切り抱きつくと

いつものうみとは違って少したくましく感じた。
海人
海人
あ、でもご飯は作って欲しいな
あなた

そんなの当たり前だよ





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー