無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

お 仕 置 き 。
おにいちゃんは私の腕を片手で抑えながら 、

深い口付けする 。







『 んん っ 、 』






最初は閉じていたものの 、

やはり苦しくなり少し開けてしまった 。


それと同時に 、 おにいちゃんの舌が私の口内に侵入し吸い付くように口付けをする 。








ピチャピチャという水音が部屋全体に響き渡り 、 変な気持ちになってくる 。










口付けに必死になっている隙に

おにいちゃんは私のブラのホックを外し 、

捲り上げ包む様に触る 。










『 っひゃぁ 、 ! んぁ 、 ぁ 』













声を抑えようとしても

踠こうとしても


" 快楽 " には負けてしまう 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る