無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

き も ち い ?
廉 side _









『 あっ 、 あっ 、 きもち 、 ッ 』





今日はナマでシてる 。

最初に入れた時は 、 キツキツで嫌々言ってたのに 、

どんどん素直になって 、

今では自分から腰を振る 。










「 かわえ 、 な ッ 」








あなたのナカから俺のモノが出し入れしている 。

部屋には " ぷちゅんぱちゅん " という水音が響いて興奮材料となる 。











「 あなた ッ 、 きもちい ? 」



『 っひ 、 あっ 、 あっ 、

き 、 きもちい い ッ ! 』















よがり狂ってるあなたの姿も

愛おしいよ 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る