無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ば れ ち ゃ っ た 。
『 …ただいま 。 』









先輩と別れてからすぐに家の中に入った 。


むしゃくしゃした気持ちだった 。


何処にも行きようのない

言葉で表せないこの感情 。




ただただ辛いだけ 。













『 すき 、 なのに 。 』






















「 誰が好きなん ? 」
















聞き覚えのある声 。


恐る恐る近くを見渡せば 、














『 おにいちゃん 、 』
















ばれちゃった 。

すきなひとがいること 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る