無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

笑 っ て な い 。
「 なあ 、 誰が好きなん ? 」










『 ひっ 、 』














おにいちゃんはジリジリと距離を詰めてくる 。





怖い 。

笑ってる筈なのに 。


目の奥が笑ってない 。










このまま居ればきっと 、












私は一瞬の隙をついて 、

横からすり抜けた 。














「 おい ! あなた !! 」















だめ 。 振り返っちゃ 。

堪えなきゃ 。















階段を一気に登り 、 自分の部屋へ駆け込んだ 。
















__ でも 、 おにいちゃんを見くびってた 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る