無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

お 仕 置 き 。 ⒉
「 なあ 、 きもちい ?

きもちいやろ ? 」












口角を上げて話すおにいちゃん 。

その次の瞬間 、 私の胸の飾りを口に含んだ 。









『 ああ っ 、 !

だめ っ 、 おかしくなる っ 、 』












それでもお構い無しに舐める 。

反対側の胸の飾りは 、 指でくにくに弄る 。








それがおかしくなるほど気持ちよくて 、

自我なんて保っていられない 。






『 ひぁ 、 あ っ 、 』













絶頂に達しそうになった時 、

突然動きを辞めた 。









『 … あ 、 おにちゃ 、 』



「 ふはっ 、 続きして欲しいの ? 」



『 っ 、 ぅん 、 』


















やっぱり

素直になってしまう 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る