無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

始 ま り 。
気付かないふりをしても意味が無い 。









悪魔は布団を取り上げて 、私を俯せにさせる 。















「 あなた 、 愛してる 。 」

















ちっとも心に響かない 。 心に残らない 。













_ 深夜二時 。



私達の愛の無い行為が始まった 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

"     ℳ .   ୨୧
" ℳ . ୨୧
K P _ ୨୧⑅*. . 元占ツクNo.1小説家 .
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る