無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ドライバーと➕ネジ➖ネジ マサイ&モトキ
マサイ
マサイ
じゃあ俺らは左行くか
モトキ
モトキ
ヾ(。・∀・)oダナ!!


そして2人は左の部屋に向かった
マサイ
マサイ
結構長い廊下だったな笑
モトキ
モトキ
(☞◑ω◑)☞
マサイ
マサイ
じゃ探索しますか‪w
モトキ
モトキ
お、やっとやる気になったか笑
マサイ
マサイ
は?それどーゆー意味だよ‪w
モトキ
モトキ
ま、俺は怖いの慣れてるからいいけどさ。
マサイ、お前怖いの平気か?
マサイ
マサイ
ぜぜ、全然へーきだぁ〜
(涙目)
モトキ
モトキ
(怖いんだ〜)
クスっ
マサイ
マサイ
何笑ってんだ‪w探索するぞ
モトキ
モトキ
✧(`・ω・)ゞラジャッ!!

探索中〜
マサイ
マサイ
こっちあんま無いな。おーいモトキー何かあったかー
モトキ
モトキ
あったあった、ドライバーの➕ネジ➖ネジだ
マサイ
マサイ
いつでも取り替えられるなぁ‪w
モトキ
モトキ
でも同じところに普通置いてあるか?笑
マサイ
マサイ
(╭☞•́⍛•̀)╭☞だよな












マサイ達とシルク達は何かを見つけすぐにLINEで伝えようと居ていた

次回 LINE