無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

とうとう来てしまった
シルク
シルク
お前らー着いたぜ
雪
原作通りなんだね
シルク
シルク
だなー
シルク
シルク
(あれ、俺ら2人っきりだ……ラッキー♪)
マサイ
マサイ
あ、いたいた
モトキ
モトキ
おーい2人ともー
雪
あ!もっきゅんにまーくん!良かったー無事で!!
シルク
シルク
(なんだ居たのか〜)
シルク
シルク
(ま、早速クリアして行くか)
じゃあ、2グループに分かれて探索しよう
シルク以外
シルク以外
分かった
シルク
シルク
よし、最初はグージャンケンポン!
シルク
シルク
マサイ
マサイ
モトキ
モトキ
雪
シルク
シルク
じゃあ俺と雪で組むからマサイはモトキと組んで
マサイ&モトキ
マサイ&モトキ
分かったー
シルク
シルク
何かあったらLINEな
マサイ&モトキ
マサイ&モトキ
OK
マサイ&モトキ
マサイ&モトキ
じゃまたこの場所で会おうな
シルク&雪
シルク&雪
分かったー


















2グループに分かれたシルク達、この後何かクリアとなる鍵は見付かるのか?

次回 皿の破片 シルク&雪side