無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

皿の破片 シルク&雪side
シルク
シルク
俺達は右の方へ行こうぜ
雪
( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
シルク
シルク
怖いか?
雪
うん、でもシルクと居るから心強いよ
シルク
シルク
は、恥ずい/////
雪
可愛いシルク♪
シルク
シルク
とっとりあえず行くぞっ!
(雪の手を取る)
雪
うん!
(あー恥ずかしがってる〜笑)



そして2人は右の部屋に向かった
雪
ん、これってお皿だよね、なんで割れてんだろ?とりあえず気を付けて持っていこうかな
シルク
シルク
あんま探索しても見つからないんだな
雪
シル〜ク!
シルク
シルク
お!何あったか?
雪
お皿の破片があったから持って来たんだけどー
シルク
シルク
危ないから俺が持っておく。
雪
ありがとう〜
シルク
シルク
(バックの中に皿の破片を入れる)
あ、雪
雪
ん?
シルク
シルク
こっち探して見たんだけどさ何も無かったぜ
雪
そっかーとりあえずLINEで知らせようか
シルク
シルク
だな
皿の破片














マサイ達は何か見つけられるのか

次回 ドライバーと➕ネジ➖ネジ マサイ&モトキ