無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

238
2020/03/22

第3話

第二話
あなた

え?、ちょっ、ヤバいヤバい、!?































そこには、一人の人が溺れていた。




あなた

め、目黒くん、!?目黒くん、目黒くん、!?

3組の目黒蓮が溺れていた。

流石に男子の全裸を見るのは忍びない。

顔を水面から出し、上半身を軽く持ち上げた。
あなた

目黒、くん…??

目黒蓮
目黒蓮
…ん、?
あなた

あっ、良かった〜!意識ある!?大丈夫!?

目黒蓮
目黒蓮
ぇ、え?…ちょ、俺裸じゃん!?
あなた

そ、そーだよ…

目黒蓮
目黒蓮
ごめん、とりあえず出るわ。助けてくれてありがとね。
あなた

あー、いえいえ、!私、先生呼んでくr…

目黒蓮
目黒蓮
いや、いい。ごめん。
あなた

いやいや、大丈夫だよ。こっちこそ、なんか一人で勝手に焦っちゃって、ごめんね😅

目黒蓮
目黒蓮
ううん、。
あなた

あがらないの??

目黒蓮
目黒蓮
あがれない。
あなた

えっ?

目黒蓮
目黒蓮
力、入らない。
あなた

出してあげるから、待ってて

目黒蓮
目黒蓮
え?
私は腕をまくって目黒蓮を持ち上げた。