無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

285
2020/11/02

第2話

第一話
私は今、学校の行事で、旅館?みたいなところに来ている。まぁ、お風呂当番で女子のお風呂を見に行ったのですが、落とし物がいくつか笑笑
田中先生
□□〜、男子の風呂当番いないから見てくんなーい?
あなた

え?私がですか??

田中先生
誰もいないから、一応確認してー。終わったら食堂来いよー
あなた

えっ?ちょ、先生待ってくださいよ、!行かないで〜‼︎





















仕方なく私は、男子のお風呂を見ることになった。ちなみに私は女子のお風呂当番で、忘れ物など無いかチェックする係なのである。













あなた

失礼しまーす

誰も、いないよね?うん、多分。少し覗くくらいでいいよね、。一応、浴槽…。
あなた

え?、ちょっ、ヤバいヤバい、!?