無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

739
2018/02/20

第3話

はじめまして。
和華「お、お邪魔しま~す...」


穂乃果「お邪魔しまーす。」
?3「いらっしゃい!待ってたよ~♪♪」
?4「来たの!?」
?5「え、スマブラしていい?」
?2「ちゃんと出迎えろよ。w」
?3「あれ?リーダーは?」
?2「リーダー筋トレ中。w」
?3「も~、タイミング悪いなぁ...」
?1「呼んだ?」((上裸でミルクティーを飲みながら登場
和華「(   ・д・   ポカーン.....」
?1「初めましt....え、」((どこかに行き、なにかを持って来る
?2「あいつどうした?w」
?1「君....」
和華「私?」((キョトンとしていて
?1「和華...?」
和華「なんで知ってるの?」
?1「覚えてる?」((写真を差し出し
和華「あ、私だ....」((写真を見て
穂乃果(可愛ぃぃぃ.....)((覗き見て
?1「俺だよ。俺。」
穂乃果「オレオレ詐欺なら帰ってください。」
和華「.....あ!シル兄?!」
シルク「思い出してくれたー!♪♪」((和華に抱きつき
穂乃果「???」
和華「久しぶりー!ニコッ」
シルク「久しぶりだな!ニカッ」
マサイ「知り合い?」
モトキ「みたいだね...w」
ダーマ「どーでもいい。早くスマブラしよーぜー。」
ンダホ「ダーマちょっと待ってて!w」
シルク「お前...相変わらずちっちゃいな。w」((よしよし
和華「シル兄もね?w」
穂乃果「あの、どうゆう関係かは知りませんが、触らないでください。」((和華とシルクの間に入り
シルク「(╬▔^▔)ムッ....」
モトキ「あのさ...リビング行って話さない?」
──────リビング。
シルク「まず、自己紹介から!俺、シルク!ニカッ」
マサイ「マサイでーす。」
モトキ「モトキだよ~♪♪」
ンダホ「ンダホです!ニコッ」
ダーマ「ダーマー。」
和華「えと、和華です!ニコッ」
シ、マ、モ、ン(可愛い....)
穂乃果「穂乃果です。」
穂乃果「あの、和華とどうゆう関係なんですか?(#^ω^)」
シルク「どうゆう関係...前の県にいた時に近所で仲良かった。?w」
穂乃果「ふーん....」
シルク「あ、和華。約束覚えてる?」
和華「約束?」
シルク「ほら、大きくなったら....」
和華「なったら?」
シルク「....言うのやめた。w 皆の前だし。w」
和華「えぇ~?気になる....(´・ω・`)」
マサイ「あ、君達が俺らのお世話してくれるんだよね?」
穂乃果「まぁ...」
モトキ「今日から...」
シ、マ、モ、ン「よろしくっ!!」
ダーマ「よろしくなー。」