無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
テランさん
テランさん
CUBEでは実力はもちろん、外見を重視して選んでるんですけど、
あなたのビジュアルといい、ルックスがとてもよくて声をかけさせていただきました。
ヘソン
ヘソン
あー、そうですか。
スカウトかな〜?
突然だなー…
テランさん
テランさん
そこでなんですが、ぜひCUBEに入っていただきたいんです!
スカウトだったー!!
ヘソン
ヘソン
えっ、えっと…
考えさせてもらってもいいですか?
テランさん
テランさん
あっ!はい!
では、後日電話してもらってもいいですか?
ヘソン
ヘソン
分かりました。