無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10.
ε-(/・ω・)/ トォーッ!!  🛏ボフッ

皆様お久しぶりです!白石です!!



全国ツアーなうです♡
遠藤
こらー!もういい加減ベッドにダイブする癖治したら?
あなた

だってーそこにベッドがあるんだモーン

遠藤
はいはい。ワカリマシタ
コンコンコン
京本大我
あなた〜
あなた

どしたの〜?

京本大我
ちょといーい?
あなた

あ、うん

なんだろう?



も、もしかして



























私きょもになにかしちゃってた!?



おこられる!?!?
京本大我
ちょっとさ相談があるんやけど
あなた

きょもに悩みなんてあるの!?

京本大我
それがさ〜
京本大我
あるんですよ〜
京本大我
ごにょごにょ(小声)
あなた

なに?北斗との距離感が難しい!?

京本大我
.......
京本大我
俺まだなんにも言ってないんだけど〜笑
あなた

ごめんごめん笑

京本大我
実はさ、俺、



















.
京本大我
曲書いてるんだよね
あなた

うん。

京本大我
その曲をさアリーナツアーで一緒に歌ってくれない?
あなた

ほぅ

あなた

え?いいよ〜

京本大我
お、やった〜
あなた

というか、むしろ私が歌ってもいいの!?
そしてどんな曲??

京本大我
どうしてもあなたがいいんだよね〜
儚いラブソングなんだよねー.......
好きになった人は恋愛なんて全く興味なくて、眼中にも写れないの笑
それでね、他にもライバルはいるって知って、必死になってる少年の気持ちを作詞してみたんだ
ラブソングだと!?


きょもに新ジャンルできてるやん.......
なにそれ儚い.......尊い😭
あなた

めっちゃいいじゃん😭
本当にいいの?

京本大我
うん!
あなた

じゃあできたら教えてよ〜!

京本大我
ふぅー.......分かった( ´・ω・`)
その時のきょもの顔は嬉しさの中にちょっぴり悲しさがあるような顔をしていた。

なんでかはわからないけど、、、(*꒪⌓꒪)



だけどもだっけっど、コンビ曲は楽しみだ〜✧\\ ٩( 'ω' )و //✧


next▹▸