無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4.
(3時間後…)
あなた

あれ??

ディスプレイ見てたらみんなとはぐれました。



迷子です。( ・∇・)
22歳にもなって迷子とか笑←笑えねぇ
あなた

よし、電話しよう!!

え??


充電切れてる.......😇😇
ずっとポケモソGO開いてたから切れちゃった
_人人人人人人人人人_
> 大ピンチ!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

どうしたらいいの??
A
あれー?お姉さん可愛いねぇ
B
俺らと楽しいことして遊ばないー??
あなた

ご、ごめんなさい

A
んなこと言わずにさぁ
B
ちょっとだけだしさ!!
あなた

むりです(^_^;)…ァハハハ…ハハ…ハ…

あなた

では.......(逃)

痛っ!



二人がかりで腕をおさえられてて全く動けません
樹.......助けて.............
A
なに逃げようとしてんの?笑
B
逃がさないよ?
田中樹
.......
あなた

樹!!( ・ᴗ・̥ )

B
あ゛??
田中樹
あのーこいつ俺の彼女なんで、手ぇださないでくれませんか?(#^ω^)
A
ひぃっ!?彼氏いたのかよ!!
いくぞ!!((( ;゚Д゚)))
B
お、おう(((( ;゚Д゚)))
AとB
三(((ヾ(・ω・`;)ノ
田中樹
はぐれんなよ!!
あなた

ご、ごめん(இдஇ`。)

あなた

怖かったぁぁ.˚‧º·(°இωஇ°)‧º·˚.

田中樹
あなた.......(ぎゅっ)
田中樹
ごめんな...怖かったよな(よしよし)
樹の優しい手が頭を撫でる。


樹に抱きしめられるとすごく温かくて、落ち着く。
あなた

樹....(´;ω;`)

あなた

守ってくれてありがとう!!

田中樹
心配かけんなよ
田中樹
ばーか。
その後、みんなに土下座して



タピオカを奢りましたとさ

今度遊びに来た時も樹呼ぼーっと

↑おい by樹

next▹▸