無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

16話…
_教室_


_あなたside_



めんどくさい授業の時間も終わり、
今日も"神"な昼食の時間がやって参りました。



やっと午前の授業終わった~



さてと、今日も三里を誘うか。



(グイッ)



…はい?


私の腕を掴んだ正体は予想通り……



論でした~



一体何なの…?
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
俺と一緒に…弁当食え…//



え!?



昨日この時間帯に私の事散々"馬鹿にしてた"
奴が何を言ってるの…?



でもツンデレなところ相変わらず可愛いんだよな//



でも三里とも一緒に食べたいし…
あなた

一緒に食べても良いけど、三里も誘いたいからそこで待ってて!!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
うん…(本当はあなたと2人きりで食べたかったのに…)
論の返事を聞き、私は三里を探すため教室を出た。



_______________________________

さ~て… 三里は何処だろうか。



居た…!!


三里は教室の近くの自販機で飲み物を買っていた。
あなた

三里~

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
おう、あなたじゃん。
あなた

居ないからビックリしたよ~ お弁当一緒に食べよ! 今日は論も一緒だけど

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あぁ良いぜ! 
(論も一緒かよ… アイツあなたと距離縮めるようになったよな。)



そして私は三里を連れて教室へと向かった。



論待たせてるし…


____________________________________



_教室_



あなた

論おまたせ!!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた。遅い…
あなた

本当にごめん!!
でもちゃんと三里は連れて来たから。
三里…副教室で良いよね?

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
まぁ今日も人居ないだろうし、いつも通りでいいだろ。
あなた

だね~ じゃあ論、三里。
副教室へLet's Go!!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
相変わらずテンション高いなw 
(可愛い奴め…)
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた、ちょっとうるさい…
(本当にあなた可愛すぎ…//)
あなた

ごめんごめんw




こうして私達は副教室へと向かった。