無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

75話…




_あなたside_



え……? 嘘でしょ!?///



私論に顎クイされてるんだけど…///



これで2回目じゃない?



随分前に論が朝私の家にきた時も、



同じようなことされたしさ…



もう… 急にこういうことするから狡いんだよ…//
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
絵を描くときまで過去の僕に触れてるんじゃねぇよ。今の僕のことも少しは意識しろ…//



確かにそうだ。



私が絵を描くために論のことを
観察しようとする度、



論は顔を真っ赤にさせていた。



その姿から"中学生の頃"
論が私にカッコいいことを言う度、



毎回照れていたことを思い出してしまって…



その事が原因で"昔の感じ"に絵が片寄ってしまったのだろう。



そのせいで論にこんな思いをさせてしまったんだ…



私… 論に辛い思いをさせてばかりじゃん。
あなた

論、ごめんね… 嫌な思いをさせちゃって… でも私は今の論にも良いところがあること、ちゃんと知ってるから。
今のままでも十分好きだよ(ニコッ)




そして私は論の頭を優しく撫でた。
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
…… もう… バカぁ……//
あなた

よしよし…




そしてしばらく時間が経った後…


青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
じゃあそろそろ帰るか。
なんだかんだ言ってもう個々にずっと居るわけだし…
あなた

だね~ じゃあそうしよっか!




私達は美術室の戸締まりをして電気を消し、



その場を後にした。



まさか論も手伝ってくれるとは思わなかったけどw



外に出てみると、
高校生の姿は誰も見当たらなかった。





























…と思いきや…
あなた

あれ?莉夢ちゃんじゃん。
まだ帰ってなかったの?

神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
あ… はい! 色々ありまして…
(なんだ一人じゃないのか… 一応遅くまで残って今日実行できるか試そうとしたけど…別の日じゃないと無理そうだな。)
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
(コイツ… 絶対狙ってただろ。お前の思いどおりにはさせないから…)



こんな時間帯に残ってるなんて…



なんか意外だな~



私達以外帰ったのかと思ってたけど…
あなた

もう結構遅い時間帯だし、
気をつけて帰るんだよ~

神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
はい!心配して下さりありがとうございます!では私はこれで… さようなら( *´艸`)
あなた

うん!またね~

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
(明日も莉夢からあなたを守り切らないとな… )



そして莉夢ちゃんが駆け足で帰っていき、



残ったのは私と論の2人だけとなった。
あなた

じゃあ私達も早く帰ろ!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
…だな…!



なんか最近…



よく論と一緒に帰るようになってきたなぁ…



_________________________________
バカ主です☆
バカ主です☆
どうも主です。
なんとアイコンを変えましたw
バカ主です☆
バカ主です☆
ジェルもふちゃんはダメかなぁ?と思ったので… ← 今更かよw
バカ主です☆
バカ主です☆
話が変わるのですが…皆様に感謝したいことがあります!
バカ主です☆
バカ主です☆
それは… この小説の♥が2000個を突破したことです!
バカ主です☆
バカ主です☆
本当に感謝でしかありません… 
私自身もここまで来るとは思ってなかったので(´;ω;`)
バカ主です☆
バカ主です☆
大体1000個ぐらいまでいったら凄いかな~ という気持ちでいたのですが…
バカ主です☆
バカ主です☆
本当に感謝と嬉しいという気持ちでしかないですね… 読者の皆様、♥を押してくれた皆様、そして⭐️登録してくれる皆様も本当に嬉しいです!ありがとうございます!
バカ主です☆
バカ主です☆
これからも投稿頑張ります! 学校が忙しくなってきて一気に投稿することは難しいかもしれませんが…
バカ主です☆
バカ主です☆
以上主からでした。