無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

54話…💗


_あなたside_




三里は一体何処に向かってるんだろう…?



私達"結構な距離"を歩いてきてる気がするんだけど…



もう足がクタクタになるばかりだよ~



まぁ三里が私の調子を見て、
休憩の時間を取ってくれるんだけどね…



本当に優しい御方だよ"三里殿"は…!(´;ω;`)



と段々私が可笑しくなりかけてるところに



三里が声をかけてきた。
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あなた、長い距離を歩かせちゃって本当にごめんな… でも着いたぞ…! あなたが行きたいって言ってた場所



私が行きたいって言ってた場所…?



そう思いながら顔を上げ、



私の目に入ってきたモノは……



"水族館"だった。
あなた

あ~! 確かに言ってたわ! 結構前に三里と話したときに、"魚が見てみたい"って言ってた気がする!




この街って"田舎と都会"が混ざった
ようなもんだから、



少し外れたところに映画館とか遊園地がポツポツと建ってるんだよね~


だから今来た水族館も歩いて行ける距離なんよ。


めっちゃ疲れるけど……
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
じゃあ入るか! こんな所で時間潰してたら勿体ないしw
あなた

だねw





そして私達は、



"手を繋いだまま"水族館の中へと入って行った。




_______________________________
バカ主です☆
バカ主です☆
どうも主です。
バカ主です☆
バカ主です☆
何か話が一個に沢山まとめられなくてすみません…
バカ主です☆
バカ主です☆
だからあと2、3回くらい続きそうです… 長々とすみません(´;ω;`)
バカ主です☆
バカ主です☆
でも💙くんも💗くん編が終わったらちゃんと出てくるのでご安心を!
バカ主です☆
バカ主です☆
以上主からでした。