無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

66話… 💙




_あなたside_
あなた

いや~… また猫カフェ行きたいな~
今度は犬カフェもいいかも!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
またいつか連れてってあげるよ
相変わらず動物が好きな奴だな~w
じゃあ次の所行こっか!
あなた

次の所…?




てっきり猫カフェで終わりかと思ってた…
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
いや…あなたとこうやって出掛けるのって中学の時以来だからさ。こんな機会が来ることはもう二度と無いかもしれないし… だから今日は限られた時間を目一杯楽しみたくて…//



確かにこうやって2人だけで出掛けるのも



もう3年ぶりくらいだしね…



私なんかとの時間を…



論は凄く大切にしてくれてるんだ。
あなた

そっか… ありがとう! 私は今こうやって論との時間を過ごせて楽しいよ!(ニコッ)

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
ッ…// そんなんだからもっと好きになっちゃうんだよ…//
あなた

何か言った…?

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
ううん… なんでもないよ!
じゃあ早く次の目的地に行こっか!
あなた

だね!




そして私が論に手を繋がれて
連れて行かれた場所は…
















"映画館だった"
あなた

映画館か~!
論は何かみたいヤツあるの?

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
うん…// 
あなたと"恋愛映画"が見たくて…//
あなた

おお~… 論もそういうのに興味を持つようになってきましたか~!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
もう…!僕をからかわないで…!//
ほら…あと10分ぐらいで始まっちゃうし、早く券を買って映画見るよ!//
あなた

はいはいw




自分から言ったのに照れてて可愛いな…



そして私達は券とおまけにジュースも買い、



係の方に指定されたスクリーンへと移動した。



ちなみにポップコーンとかは
[2人で出掛けるときには何か似合わないだろう。]



というお互いの意見で買わないことにした。



今は映画が始まる前にお約束の広告が流れている。



あ~… 始まるまで退屈だなぁ…



そして私は自分の直ぐ側にあるジュースを取って、



ストローを口にした。
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた……
あなた

ん……?

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
そのジュース…
さっき僕が飲んだヤツ…//
あなた

……は!?///





ヤバイ… 間違えて論のジュースを飲んでしまった。



これ"間接キス"っていうヤツしちゃったよね…?//
あなた

ご…ごめんね//

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
いや… 映画館ではそういう間違いはよくあるし大丈夫…//



あ~… なんてこった…



私から気まずい空気を作ってしまった。



この状況…



今までで"一番ヤバイ"パターンじゃない!?



そしてお互い沈黙の時間が続いていると、



丁度映画の上映が始まったのであった。