無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3話…


_あなたside_


あの後私達は移動して、屋上に来ています。


太陽の光が気持ちいいなぁ…


そういえば…
三里の今日のお弁当のおかずなんだろう…!


あなた

三里、早くお弁当のおかず見せて!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
そう焦るなってw ほら…


(パカッ)


おぉ…相変わらず三里のお弁当は美味しそうだな~


待って!? 私の好きな卵焼きがあるじゃん!!
あなた

三里、卵焼き一口ちょうだい!!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
良いぜ。ほら…口開けろ。
あなた

あー… (パクッ)
おいひい!!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
食べながら喋るなってw
(意識してるのは俺だけか…//)


やっぱり三里の作るお弁当は美味しいな~


(ガタッ!!)


むむ… この勢いよくドアの開く音もしかして…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
何でお前がここに来るんだよ… 論!!


やっぱりそうだと思ったわ!!!
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
だってここ前から"僕の陣地"だって決めてたし。お前らが出てけば?
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
しょうがねぇ…あなた、副教室行くぞ
あなた

うん!



と三里に着いていこうとした次の瞬間…


(グイッ)
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
お前はここに残れ


論に腕を掴まれましたーw


一体何なの…?


論は毎日急に絡んでくるから怖いんだよね…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
ツ… 論、今すぐあなたを離せ!!
あなた

大丈夫だよ三里。論との話が終わったら直ぐ副教室に行くから、それまで待っててくれる?

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
…分かった。じゃあまた後でな…


と三里は私の話を聞いた後、
ドアを閉めて副教室へと向かって行った。


論は一体何の用なのか?
あなた

論…

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
……
あなた

私に何の用なの?

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
……お前はさ、三里の事"好きなの"?




は……?