無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

55話…💗



_あなたside_



うわぁ…… 凄いな……



水族館に入った瞬間、
"美しい魚"たちが私達のことを出迎えてくれた。



水槽の中に"色々な種類の色鮮やかな"魚たちがそれぞれ泳いでいる。




その姿がとても綺麗で、
見ているだけで心が落ち着いてくる。
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あなた完全に見とれちまってるなw 
さっきから全く喋らないしw
あなた

……え……!?




三里に話しかけられてやっと我に返った。



私はよほど真剣に魚を見つめていたのだろう…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
ゆっくり見てくれて大丈夫だからな。今日はせっかくの休日なんだし…
あなた

そっか… ありがとう…!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
そうだ!あなたってイルカショーに興味あるか…?
あなた

イルカショー?




三里がパンフレットを眺めながらそう言った。



いつの間に持ってたんだ…
あなた

私はいいかな? ほら、イルカショーって人が沢山集まるじゃん? 私は人がそこまで集まらないような静かな所で、三里との時間を過ごしたいし!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
なっ…!// そ、そうか…// (俺がドキドキさせられてどうするんだよ!//)



何で三里は顔を赤くしてるんだろう…?



私は本当のことを言っただけなんだけどな…
あなた

あ…!三里、ヒトデを触れるコーナーだって!一緒に触ろ~

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
ヒトデってw お前子どもみたいなことで喜ぶなんて、可愛い奴だなw
あなた

もう良いでしょ!// 早く触ろ!//

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
はいはいw



そして私達は楽しい時間を過ごしました。



____________________________
あなた

今日は楽しい時間を過ごせたよ~
三里、思い出に残るような良い1日をありがとう!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
いや…これくらいどうって事ねぇよ…!じゃあ最後にお土産買って帰ろうぜ!
あなた

うん!
三里とあの2人にも買ってあげたいし!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
そうかそうかw



そして私達は水族館のショップの中を除いた。