無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

51話…



_あなたside_



授業の時間が終わり先生が話を終えた後、日直が号令を掛けてついに帰る時間となりました。← (雑だと? 認めてます。 すみません…)



今日も三里と帰るか…と思っていたけれど、
今日は三里が"塾の日"だということを思い出した。



三里は大変だなぁ… 毎回お疲れ様です。



そうだ! 早くGWのこと伝えておかないと!



さっき返事出来なかったし…
あなた

三里!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
おぉあなた… どうした?
あなた

その…GWのことなんだけど、初日と3日目と最終日なら空いてるから! 三里はどの日が良い?

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あぁ…!そのことかw 忘れられてなくて良かったよ。最終日はゆっくり休みたいだろうし、明日とか大丈夫そうか? 早めにしといた方が良いと思ったんだけど…
あなた

明日ね~ OK! というかそんなに私のこと考えて決めてくれたんだ!
三里、ありがとう(ニコッ)

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
いや… どうってことねぇよ// 
じゃあ俺は塾だしそろそろ行くわ。
またな…!//



と言った後、三里は駆け足で教室を出ていった。



今までそんなに急いでたっけ…?
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
なぁ…
あなた

ひっ…! 何でしょうか…?




いや急に怖い感じで話しかけてくるのやめて…



恐怖でしかない!
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
三里のことばかり考えてないでさ、僕のことも楽しみにしておけよ…? 僕はあなたと出掛けること、凄く楽しみにしてるんだからさ…



論は素直に気持ちを伝えてくれた。



論は私と出掛けること、そんなに楽しみにしててくれたんだ…



その気持ちを壊すわけにはいかないよね…?
あなた

ごめんね。論の気持ちを壊すようなことして… でも私も論と出掛けること、凄く楽しみにしてるから!

青凪 論 (昔)
青凪 論 (昔)
ふふっw ありがとな//



(ギュ)



…!?



一瞬論が笑顔で私のことを抱き締める姿が、



"昔の頃"の論のように見えてしまった。



ほとんど過去の感じと一致していて…



ただ話し方と仕草が昔の頃に戻っただけなのに…



私はどれだけ"昔の論"が好きだったのだろうか。



だとしたらこんなに過去のことを思い出したりしないだろう。
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた?
あなた

……あ、ごめん!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
何ぼーっとしてんだかw 
ほら…帰るぞ。
あなた

うん!




私、ずっと考え事してたんだろうな…



あ!莉夢ちゃんも帰りに誘ってみよう!



と思い教室を見渡し、莉夢ちゃんを探してみたが…



彼女の姿はどこにもなかった。
あなた

あれ…?

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
どうせ莉夢のことだろ? 莉夢は僕達が話している間に帰ったよ。"何かしたそうな"表情してしばらくあなたのこと見てたけど…
あなた

そっか…! じゃあもう帰ろっか!

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
おう…!



そして私達は教室を出て、



"夕日が差している綺麗な景色の中"を帰ることとなった。