無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

20話…



_あなたside_


あなたです。



今日は三里と2人で帰っています。
あなた

それにしても、
三里と帰るの1日ぶりだなぁ…

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
いや、そんなに前の事じゃないだろw
全然久しぶりって感じしないしw
あなた

まぁねw 三里が塾の日以外はほぼ一緒に帰ってるし。もう日常になってるよね~

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
まぁ、そうだよな。



私は今通りかかっている道に立ち並んでいる
"桜の木"を見ながら歩いていた。


もうほとんど咲いてきたなぁ…



お花見…もう出来そうだな。
あなた

お花見楽しみ…

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
そうか…あなたに楽しみにしてもらえて嬉しいよ
あなた

え!? 声に出てた?
何か少し恥ずかしいな…//

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
気にする必要ねぇよw (あなたの可愛いところ見れたし…//)
あなた

そう? 良かった~ でも三里には誘ってくれて本当に感謝してるよ!!
本当にありがとう…

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
そんなに感謝されるとは思ってなかったわw その調子で土曜日まで楽しみにしておけよ!
あなた

うん!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
じゃあ俺こっちだから… またな!
あなた

もうお別れか… 早いな~w
じゃあバイバ~イ!!




三里に手を振られたので私も振り返した。



土曜日どうなるんだろう…?



三里と論と一緒だしね~



"良い思い出として残りますように。"