無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

11話…


_あなたside_



マズイ。 これ絶対バレるよね。




きっとこれから三里は、
私の家に行く予定だったんだ…




本当は約束してたもんね…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あれ?あなたじゃん…何で論と一緒に居るんだよ。(あなたと2人で登校できると思ってたのに……)


やはり気づかれてしまった。



すると三里は走って私達の所に来た。
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
論、何でお前が居るんだよ。
あなたは俺と行く予定だったんだぞ
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
は?
僕達のことは三里には関係ないだろ?
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
……何なんだよその態度。


マズイよこれ。早く止めないと!!



もしかしたら大騒ぎになって警察呼ばれるかもだし ↑ (大袈裟な人)
あなた

2人ともやめて!! 三里…本当にごめん。これには少し事情があって……
でも今日の放課後必ず三里と一緒に帰るから、それが代わりで良いかな?

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
おう!良いぜ。
放課後は2人で帰るか!
あなた

うん!良いよ~





__________________________________



_論side_



あなたは相変わらず優しいな…



でも本当に僕と三里ってよく喧嘩するよね。


まぁ僕がああいう態度を取ってるのが悪いと思うけど。



あなた以外には心開いてないし。



"あの事件"から、
僕はあなた以外の人間は信用しないと決めた。



例えどんなに良い奴だったとしても、皆僕の"敵"



僕はあなただけを信じてるからね…