無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2話…


_あなたside_


授業が終わって、今は昼食の時間です。


論は相変わらず授業真面目に受けてなかったな。


ほとんど寝てたし…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あなた、今日は屋上で食べようぜ。
天気も良いし
あなた

うん!



私達は毎日2人で昼食の時間を過ごしてるんだよね。


いつもは副教室とかで食べてるんだけど、
今日は屋上か…



確かに天気も良いし丁度良いかも…!


すると…
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
何お前w 女子の癖に女子友達1人も居ねぇし、今日も三里と2人ぼっちで食べるのかよ。可哀想な奴w


という言葉を論に言われた。


本当の事しか言われてない…


私は三里と仲良くなってからは
周りの人と全然関わってなかったんだよね…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
そんなの論には関係ないだろ!!
俺があなたと2人で食べたくて毎日誘ってるんだから、口出しすんな。


三里…そういう風に思ってくれてたんだ…
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
ふーん、あっそ。
2人揃って可哀想な奴w


まずい…このままだと喧嘩になっちゃう。


ここは私が何とかしないと…
あなた

三里、気にしなくていいよ。私が三里しか友達いないの本当の事だしw
早く屋上行こ!!
三里のお弁当のおかず
今日も食べたいな~

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
だな。早く屋上行くか!今日もあなたに俺の弁当のおかず食わせてやんよ!


そして私は三里の手を引いた。
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
ちょっ…あなたッ…//
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
ツ…


_論side_


僕という奴はいつからこんな風になってしまったんだろう…


全ては"あの時"から始まったんだよな…


本当はあんな事…思ってないのに……