無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

22話…🌸



_あなたside_



しばらくして、
私達は目的地の"河川敷"に到着した。



でも……

















まだ論が私の手を掴んだままなんだけど!!//
あなた

論……手……

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あっ!!// ごめん…//



すると論は直ぐに私の手から自分の手を離した。



コイツ…今日は素直だな。



あの"不良"が元に戻ることなんてあるんだ…



ホラーで寒気がしそうだわ。



河川敷には既に沢山の人が集まっていた。



そういえば、三里はもう来てるのかな?



人が沢山居て探しづらいけど、
三里が居るか確かめないと…!!



私はそう判断し、人混みの中へと入っていった。
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
…おい!先に行くなよ!




私は三里を探すことに必死になっていたのだろう、



後ろから論の声がしたことに気づかなかった。
あなた

すみません…失礼します。




と謝りながら、人混みの中を通りすぎていく。



すると……
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
お~い! あなた!



と近くから三里の声がした。



辺りを見回すと、
"桃色"の髪をした男子高校生らしき人が居た。



あれは三里に違いない…!



私は直ぐに三里の所へ向かった。
あなた

三里~! やっと会えたよ~泣
早く来てたんだね…
場所取りありがとう!!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
一旦落ち着けw お前は何かあると直ぐに落ち着きがなくなるんだからw
そういえば論は?



あ… 忘れてた。



私アホやん… ←(キャラ崩壊)



と思っていたら…
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
もうあなた早すぎ!!
着いていくの苦労したんだから!!
あなた

ごめんってw

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
…誰だお前。
まさか……あなたの彼氏か!?



まぁ初対面の三里だとそうなるわなw


彼氏は言い過ぎだけど。



_____________________________
バカ主です☆
バカ主です☆
どうも主です。
バカ主です☆
バカ主です☆
最近1日に投稿するペースが遅くなってしまい、大変申し訳ありません!!
バカ主です☆
バカ主です☆
でもちゃんと毎日投稿はするつもりなのでご安心を!!
バカ主です☆
バカ主です☆
何か今日家の中凄く寒くて、スマホ打つのが凄く難しい状態になっているのだかw
バカ主です☆
バカ主です☆
でも投稿頑張ります!!
以上主からでした。