無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話…

🔔キーンコーンカーンコーン🎵


お…!? チャイムの音が鳴った。



ということは…?


先生です☆
先生です☆
もう終わりの時間だな。
日直、号令をかけてくれ。


キターーーーーーーーーーーー!!!!!!
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
(コイツ嬉しそうな顔してる。
可愛いところ久々に見たな…//)


モブ [起立、礼、さようなら~]


クラス一同 [さようなら~!!]


やったよ… これでやっと帰れる。
あなた

三里、今日も一緒に帰ろ!!

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
あぁ…ごめんな。俺今日塾あんだわ、一緒に帰ってやりたい気持ちは凄くあるんだけど…
あなた

そうか、今日三里"塾の日"だったわ。
すっかり忘れてた…
じゃあ明日一緒に帰ろ~

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
おう!(何か悪いな… 塾なんて休んであなたと帰りたい…)
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
おいあなた。
あなた

は…はい!!(久々に名前呼びされたな…)

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
今日僕と一緒に帰れ。逆らったら何するか…分かってるよな?
あなた

もちろん一緒に帰るよ~ だから手を出すのは控えていただけると嬉しいです。



嘘…論と帰るの?


生きて帰れるかな私… ← (大袈裟)


苦手な人と帰るとか無理ゲーじゃん!!!


昔はよく帰ってたけどなぁ…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
チッ… (アイツのああいうところが気に入らねぇんだよな。あなたに手を出したらタダじゃおかねぇからな?)



はぁ…この後心配だなぁ……
________________________________




_論side_


ちょっと強引に成りすぎたよね…?


あなたに断られるのが怖くて、
ついあんなこと言っちゃった…



本当に何してるんだろ僕。



帰るときにはもっと優しくしないと…



あなたに嫌われるのは嫌だからね。