無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5話…


_あなたside_


昼食の時間が終わり、
午後の授業の部に入りました。


何かさっきから論が自分の顔を腕に伏せてて1ミリも動かないんだけど……




耳真っ赤だし。
先生です☆
先生です☆
じゃあこの問題を…
あなた、解いてくれ。


え? 私運悪くね?


論のこと見てたからどこ解くか
分かんないんだけど!?
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
コソッ(あなた)
あなた

(はい!!)

桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
(答え 8X+y だから。)
あなた

(ありがとう!!)

先生です☆
先生です☆
あなた、答え出たか?
あなた

はい。答えは 8X+y です

先生です☆
先生です☆
正解だ。じゃあ座って良いぞ~
あなた

はい!!



あぁ良かったぁ…
死ぬかと思った。← (大袈裟すぎ)


でも三里には本当に感謝だよ…ありがとう!!


_論side_


あー… 僕思ってること全部言っちゃったよ//


何やってんだよ僕。


いつもあなたに酷い態度とってるから、急にあんな事言われて引いちゃったかな…?


……そんなの嫌だ。


さっきも三里に答え教えてもらってたし、
本当に悔しい…


昔の頃の関係に戻れたら良いのにな……