無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

40話…



_論side_



は?なんでお前がここに来る必要があるんだよ。



お前さっきクラスの奴らと話してたんじゃないの?



あなたに一体何の用があるっていうんだよ…



アイツをあなたに近づける訳にはいかない。



じゃないとあなたがまた……
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
お前…
あなたに何の用があるっていうわけ?
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
いや…あなたちゃんとは授業でしかまだ関わったことがなかったので、一緒にお話がしてみたいと思ってたんですけど…
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた。絶対コイツに近づくなよ…
あなた

え…どういうこと?(状況が全く掴めないんだけど… 論は莉夢ちゃんと初対面のはずだよね?)



どうやらあなたはまだ状況が理解できていないらしい…



あなた、気づいてよ…



アイツは本当は○○なんだよ?



あなたを○○○○いた奴なんだよ…
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
論、急にどうしたんだよ。
一旦落ち着けって…



僕はその三里の言葉に腹が立ってしまった。
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
落ち着けるわけがないだろ!!
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
…!
桃瀬 三里 (さとみ)
桃瀬 三里 (さとみ)
…(論の奴、本当にどうしたんだよ… 莉夢のことを気に入らないとは言ってたけど、過去になんか関わりがあったりしたのか…?)




______________________________



_あなたside_



論のあんなに必死になっている様子、
久しぶりに見た…



論とは長い付き合いだけど、今まであのような姿を見たことは滅多になかった。



論が今何を考えているのかは、
私には全く分からないよ…
あなた

論、三里の言う通りだよ。莉夢ちゃんも突然のことだから驚いちゃってるし…一旦心を落ち着かせよう…

青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
ツ… 僕は……僕は……!
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
私、あなたちゃんと話すのダメでしたかね…? すみませんでした…
あなた

莉夢ちゃんそんなことないよ~! 私と話したいんでしょ?一緒に話そ!

神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
本当ですか!?
ありがとうございます(ニコッ)
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた!!そいつに騙されるな!!



論の言っていることが、
私には理解できそうにないよ…
青凪 論 (ころん)
青凪 論 (ころん)
あなた… 信じてよ……



論はそう言った後、
とても"悲しそうな"表情を浮かべていた。



なんか心配になってきた…



論、大丈夫かな?



と思っていると…



神埼 莉夢 (かんざき りむ)
神埼 莉夢 (かんざき りむ)
あなたちゃん、廊下で話しましょう!
人も少ないですし!
あなた

…分かった! じゃあ行こうか!




私は莉夢ちゃんに話しかけられたので、



莉夢ちゃんの方に着いていってしまった。